スポンサードリンク
    < >


紅葉で有名な京都の寺


京都紅葉の見処は山深い洛東、洛西に多く、 交通の便などの回りやすさを考えるならば市街地の東に位置する岡崎・北白川通 りの回りに点在する洛東・洛北の各名所を、辺り一面真っ赤に染まった自然の中での紅葉散策を楽しみたいならば洛西方面をお薦めします。

京都の秋と言えば、紅葉の赤色と競うように美しい銀杏の黄色ですが厳選した京都のおをご紹介します。

京都紅葉の名所として知られている真如堂は、正式には真正極楽寺という天台宗の寺院です。紅葉の最中の11月5日から15日まで「お十夜」という修行が行われ、11月15日には阿弥陀如来像が公開され、参詣者に「十夜粥」がふるまわれます。

洛東随一の紅葉といわれるのが永観堂で正式には禅林と言い、山の斜面に点在する院の建物のまわりを錦に染め上げる紅葉が美しく、多宝塔からの眺めが特に素晴らしいです。 池に映る紅葉の鮮やかさなど、まさに京都の秋を代表する風景と言え、「もみじの永観堂」 として全国のファンも多い名所です。

京都屈指の紅葉と讃えられるのは日蓮宗の古刹。仏教の理想郷である常寂光土の趣きを求めた事から、この名がつけられました。
秋には山門から続く参道がカエデに覆われ、紅葉のトンネルとなり、緑色の苔の上に映える散り紅葉の紅や黄の色彩の美しさなど、京都屈指の紅葉の美しさと讃えられています。
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
    < >


差益
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。