スポンサードリンク
    < >


京都の紅葉の3大名所


京都市内は、三方山に囲まれた盆地のため、山にそうように紅葉の名所が多いのが特徴です。気温の低い北(大原三千院や常照皇寺など)から順番に色づいて来ますが、大抵、早い場所では10月下旬から紅葉が色付き初め、12月上旬まで紅葉が楽しめます。11月半ば過ぎには、全体的に紅葉の見ごろをむかえ、人出もピークに達します。
京都で最も紅葉3大名所として知られ、3大名所のなかでも最も人出が多いのが東福寺、次いで永観堂、神護寺です。3大名所の最初は京都永観堂です。
広々とした敷地にもみじが数多く植えられていて、紅葉の季節はまさに感動ものです。
3大名所次は東福寺です。境内に谷があり、そこに通天橋というのがかけられていて、
見下ろす谷に紅葉があり、色づくと、紅い紅葉に橋が浮かんでるように見えます。
とてもファンタジーで美しい景色です。
最後は神護寺です。北山の奥深い愛宕山、三尾の地に位置するお寺で、美術品、仏像や源頼朝の肖像画などで大変有名です。

posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日光の紅葉をliveで提供


栃木県日光の秋といえば紅葉ですね。日光紅葉は寒い場所から色付きます。日光紅葉live中継でも提供されており検索すればいろいろでてきます。live中継は各箇所に設置されたウェブカメラでされていて誰でも観ることができます。日光に行くことができない方でもlive中継で日光紅葉が楽しめるのですから便利な世の中ですネ。
日光東照宮はとてもキレイでおすすめのスポットです。
日光は四季折々で楽しめるところなので、春は桜、秋には紅葉と人出が絶えません。日光live映像や紅葉の詳細情報は下記サイトでご覧いただけます。
http://www.nikko-jp.org/index.shtml
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山5合目の紅葉


富士山紅葉を観るなら 静岡側の富士山富士スカイライン5合目がおすすめです。富士山スカイライン5合目は、標高1,000〜1,500mのベースルート、標高1,500〜2,400m(新五合目)の登山ルートにわかれ、標高差があることから、山麓の植生も異なり、9月下旬の紅葉の色づきから長期間紅葉を楽しむことができます。紅葉する木の種類カラマツ、ナナカマド、ウルシ、カエデなどです。5合目へのアクセスは東名高速富士IC・御殿場ICから約40分のところで静岡県富士宮市 富士箱根伊豆国立公園内です。
富士山5号目の山梨側なら山梨県側の河口湖から始まる富士スバルラインの終点で、標高2,305mのあたりでスバルライン沿いにはアカマツ帯、カラマツ帯、シラカバ帯などの樹林帯を通り、変化のある車窓風景が楽しめます。
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉が観れる廊下


京都紅葉を楽しむなら東福寺の廊下はいかがでしょうか。長い廊下を歩きつづけながらの紅葉景色は圧巻です。
そして京都妙顕寺の庭園。廊下から見る紅葉は素晴らしいです。
他には京都源光庵の廊下から観る紅葉もおすすめです。源光庵本堂には「悟りの窓」という丸窓と、「迷いの窓」という四角窓が並ぶ部屋があって丸は禅の心と大宇宙を、四角は人の生涯を象徴し四苦八苦を表すといわれています。この窓から見える紅葉も美しく、本堂廊下の天井は伏見城の遺構と伝わる血天井で、徳川方の鳥居元忠らが自刃した時のものらしいです。
そして清涼寺の廊下の最初の角のちょっと離れた場所に大きな池と忠霊塔があり、その島のあたりの木々の紅葉もなかなかの景色です
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島の紅葉の見ごろ


広島の帝釈峡は中国山地のほぼ中央に位置します。帝釈峡は、帝釈川によって侵食されてできた約18kmに及ぶ渓谷で、四季を通じて美しい自然景観に恵まれ、秋は色鮮やかな紅葉が鑑賞できます。見ごろは2012年10月下旬〜2012年11月上旬で下流の神龍湖で遊覧船から眺める紅葉も絶景なので広島紅葉を見るならぜひ行ってみてください。
広島県東広島市にある深山峡は、江戸時代後期の日本を代表する漢学者、頼山陽に「安芸の耶馬溪」と絶賛されたといわれています。夫婦岩や猿岩などの奇岩が連なる渓谷で、切り立った絶壁は、紅葉で赤や黄色に染まり、静かな川面とのコントラストが大変美しい絶景です。見ごろは2012年10月下旬〜2012年11月中旬です。
紅葉の見ごろはあっという間にすぎますが、なるべく見ごろに行きたいですね
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜県紅葉33選


岐阜県紅葉33選とは飛騨・美濃紅葉三十三選のことで観光客及び岐阜県民から応募した岐阜県内の紅葉の名所の候補より、2004年9月15日に選定委員会により選定された名所です。岐阜県で2003年4月から行われた「花の都ぎふ祭り〜ひだ・みの花紀行〜」のこの一環として選定が行われました。
岐阜県紅葉33選に選ばれたのは曽木公園や円興寺、養老公園などですが岐阜県紅葉33選の見ごろは大体10月から11月の初旬頃になります。
岐阜市の中央に位置する金華山も岐阜県紅葉33選に選ばれていて辺り一体を彩る紅葉はため息が出るほど見事です。こちらの見ごろは、例年11月上旬〜下旬です
紅葉ドライブの名所として知られる全長72kmのせせらぎ街道は広葉樹が多く、標高差があるので一番標高の高い西ウレ峠から順番に紅葉し、長い期間にわたって紅葉が楽しめて、その美しさは、思わずため息が出るほどの絶景です。
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

るるぶで探す箱根の紅葉


るるぶでは全国の観光情報がたくさん掲載されているので紅葉の名所もるるぶでチェックしましょう。
箱根の紅葉では小涌谷はいかがでしょうか。早川渓谷を越えて明神、明星ケ岳を望む景勝地である小涌谷温泉は、箱根十七湯にも数えられた湯で、古くからの落ち着いた旅館に加えて、総合レジャーセンターの要素をもつ小涌園もあります。箱根でおすすめの場所です。秋には付近一帯が紅葉しますがコミネカエデ、イロハモミジ、ミツデカエデが主な紅葉品種で見ごろは11月中旬〜下旬です。るるぶでは箱根以外の紅葉名所もたくさん紹介されています
秋の訪れを告げる箱根にぜひ足を運んでみてください。小涌谷は箱根登山鉄道小涌谷駅→徒歩すぐです
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬戸内市の紅葉名所


瀬戸内市で紅葉を楽しむなら瀬戸内市邑久町上笠加・箕輪地内にある峨城山創造の森が良いかもしれません。
瀬戸内市の観光スポットです。「野鳥」「冒険」「森林浴」「紅葉」の特徴を持たせた4つの森林ゾーンに分かれ、自然観察や樹木にふれあいながらの散策が楽しめます。瀬戸内市での紅葉スポットは少ないように思いますが、おなじく瀬戸内の牛窓もオリーブで有名ですが紅葉スポットは特にないような気がします。
なので瀬戸内市で紅葉を楽しむなら、やはり峨城山創造の森がおすすめです。
植物観察や野鳥観察を楽しみながら、林内歩道を散策できます。秋には紅葉ですが春には桜が楽しめます。
岡山県に行った際はぜひ瀬戸内市の峨城山創造の森まで足をのばしてみてください

posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉名所の飛騨の美濃紅葉33選


紅葉で有名な飛騨・美濃紅葉三十三選(ひだ・みのこうようさんじゅうさんせん)は、全国から訪れる観光客や岐阜県民から応募を募り、岐阜県内の紅葉の名所の候補より、2004年9月15日に選定委員会により選定された一覧である。岐阜県で2003年4月から行われた「花の都ぎふ祭り〜ひだ・みの花紀行〜」のこの一環として選定が行われ、応募は全国からあった。
飛騨の美濃紅葉33選のなかで、飛騨と信州の国境にある野麦峠は、映画「ああ野麦峠」の
舞台でもあり、紅葉時にはナラやカエデが山々を赤く染め、郷愁が漂います。
日本有数の美しさを誇るロックフィル式ダム。金山湖畔の遊歩道では、四季折々の散策が楽しめる。ツーリングコースとしても人気!東海の水瓶とも言われ、周辺の山々の紅葉飛騨美濃紅葉33選に指定。
日本有数の美しさを誇るロックフィル式ダムの岩屋ダム金山湖畔の遊歩道では、四季折々の散策が楽しめるて、ツーリングコースとしても人気があります。東海の水瓶とも言われ、周辺の山々の紅葉飛騨美濃紅葉33選に指定されている絶景です
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道の紅葉が9月下旬から楽しめる名所


北海道紅葉9月下旬から楽しめる藻岩山はアイヌの人々から、アイヌ語で「いつもそこに登って見張りをするところ」という意味の「インカルシペ」と呼ばれ、アイヌの聖地とされていました。その名のとおり、今でも北から南まで札幌を一望でき、山頂展望台からは、「まるで宝石箱をひっくり返したよう」と表現されるくらい美しい「190万都市・札幌」の夜景が見られます。9月下旬からの紅葉の季節の藻岩山は、山全体が美しい紅葉に包まれ、豊かな自然を身近に親しむことができる北海道で人気の場所です。
石狩川が刻んだ大峡谷も有名で高さ200m前後の柱状節理の断崖絶壁が、延々24kmに渡って屹立します。絶壁を滑り落ちるように滝が流れ、岩肌を彩る紅葉と針葉樹の緑とが鮮やかなコントラストを見せます。一押しは屏風のように岩壁が迫る大函[おおばこ]、並んで落下する「流星・銀河」の滝など北海道の紅葉が9月下旬から楽しめるおすすめスポットです
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
    < >


差益
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。