スポンサードリンク
    < >


嵐山で紅葉を見ながらデートする


秋に京都でデートするなら嵐山紅葉を見ましょう。
京都 嵐山は京都でも有数の観光地で大堰川にかかる渡月橋がその代表的な景観となっています。みやげ物やタレントショップが並び、人力車が行き交っています。
人力車に乗って観光するのも古都らしくておすすめです。
天竜寺や法輪寺など数々の名刹が点在し、トロッコ列車や保津川下りなども楽しめます。特に春の桜や秋の紅葉のころは大勢の観光客で賑わいます。
嵐山紅葉を背景にたくさん写真をとってデートの記念にしましょう。
天龍寺は境内の至るところで色づく紅葉が見られるおすすめのデートスポットです。
一番の見所は、曹源池(そうげんち)周辺ですが、嵐山を借景とした奥行きのある庭園は、歩くほどに新たな表情をみせてくれます。
天龍寺には龍が住むとも言われており、法堂(はっとう)の「雲龍図」は有名です。
庭園とあわせてぜひ訪れてみてください。
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はぜの並木の紅葉は久留米で見よう


はぜの並木は久留米市の中心街から国道210号線を日田方面に向かって東に約7キロばかり行った所にあります。秋にはすばらいい紅葉を見せてくれます。はぜの並木は久留米藩が享保15年(1730年)ころから木ロウの原料にするために植えたものであり、ロウは米に次ぐこの地方の特産品であったといわれています。柳坂曽根のはぜ並木もこの時代の名残で、老木のはぜの木が約200本ばかり残っている。はぜの老木がまとまって残っているのは、九州ではここ久留米だけであると思われます。全国街路樹100選に選ばれています。
紅葉のシーズンの休日は多くの見学者が訪れる名所であり、上手の方は昔のままの風情が残っており、細い道の両側にはぜの木が並んでいて素晴らしい紅葉をみることができます
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三重県の赤目48滝で見る紅葉


三重県の名張市にある赤目48滝は、数多くの滝が次々と見られる壮観な渓谷です。約4kmに渡る赤目渓谷は、室生火山群が多年にわたる風化・浸食作用により現出した柱状節理の断崖絶壁に挟まれ、赤目五瀑と呼ばれる不動滝、千手滝、布曳滝、荷担滝、琵琶滝をはじめ大小さまざまな滝が点在します。四季それぞれに趣を変え、春は山桜、山吹、つつじ、初夏は新緑、夏の納涼、秋は紅葉、冬は雪景色・氷瀑と、景観をパノラマのように変えて行く景勝は、日本全国でもあまり見られない究極の自然美です。往復約3時間の散策コースは整備され、渓流と滝の白さに映える紅葉を満喫できることでも名を馳せています。赤目48滝ではモミジ、カエデ、ヤマザクラなどの見ごろが11月、滝川に映った紅葉を鑑賞するのも風情があります。
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥飛騨で紅葉を見るなら口コミでチェック


乗鞍岳、焼岳、穂高連峰などの北アルプスの雄大な山々に抱かれてひっそりとたたずむ平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の5つの温泉地「奥飛騨温泉郷」。口コミの評価も高いです
奥飛騨口コミでも皆さんが絶賛するように紅葉・空気が綺麗で感動ものですし大変癒されます。140箇所を超える露天風呂は日本一の数を誇ります。
飛騨・美濃紅葉33選にも選ばれた紅葉は、例年10月上旬から下旬には、あたり一面があざやかに色づきます。
特に北アルプスを一望できる新穂高ロープウェイ付近では、新雪・紅葉・緑の3段紅葉を楽しむことができます。
奥飛騨温泉郷の紅葉は、高低差があるためシーズンが長く、9月下旬に新穂高ロープウェイの山頂駅付近からはじまり、奥飛騨温泉郷のふもと周辺まで1ヶ月ほど楽しめます。ロープウェイから眺めるシラカバ、ナナカマド、ダケカンバ等の紅葉はまた格別で口コミでも評価は高いです。。
posted by 全国の紅葉情報 at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
    < >


差益
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。