スポンサードリンク
    < >


9 月から色づき始める信州の紅葉


山国である信州紅葉9月から色づき始めます。

9月上旬から色づき始めるのは有名な信州志賀高原です。10月上旬になれば全体的に色付き、中旬を過ぎて山全体が錦をまとうとすぐに駆け足で冬がやってきます。

ごくまれに初雪が早ければ真っ青な空に雪の白・山の紅葉・里の緑といった絢爛豪華な三段紅葉が楽しめる場所でもあります。

9月下旬から色づくのは信州八千穂高原です。

日本一美しい白樺林の中で真っ赤に葉を染めたカエデやウルシ、白駒池周辺のドウダンツツジの赤やダケカンバの黄色が印象的で鮮明な極彩色の紅葉が見られるのは、標高が高く温度差の大きい高原ならではの特徴です。

信州白馬山麓も色づき初めは9月下旬です。

冠雪の白、中腹の紅葉、山麓の緑が織りなす迫力の三段紅葉が見られるのは標高の高い白馬以外にあまりありません。

中でも大出吊橋や、白馬大橋からの眺めが素晴らしく佐野坂に至る塩の道は、まるで紅葉のトンネルのようで圧巻な景色です。

信州の千畳敷カールも9月下旬から色づきはじめます。

ロープウェイで地上3000mへ駆け上がると、山肌を鮮やかに染めるダイナミックな風景に包まれて癒されます。千畳敷カールの秋はナナカマドの紅、ミヤマハンノキの黄、ハイマツの緑、白い岩のコントラストが素晴らしいところです。
posted by 全国の紅葉情報 at | 9 月から色づき始める信州の紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
    < >


差益
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。